風邪とはどんな病気?

実は「風邪」という病気は存在しない?

「風邪」というのは、実は病名ではなく、正式には「風邪症候群」といいます。そもそも風邪は、ウイルスが呼吸器系(鼻、のど、気管)に感染して炎症を起こす症状のこと。風(空気)によってもたらされる(ウイルスや細菌などの)邪悪なもの、というのが風邪の語源だといわれています。風邪の原因となるウイルスは、200種類以上あるといわれ、一度感染したウイルスの免疫ができたとしても、多数の中のひとつでしかなく、しかも多くのウイルスは年々変化するため、何度でも感染を繰り返してしまうのが特徴です。

こんな症状がでたら、風邪のサイン

炎症を起こす場所によって、症状は異なりますが、すべてはウイルスに対する身体の防御反応です。

風邪の症状はさまざま。鼻やのどの上気道が炎症を起こす場合や、気管や気管支、肺などの下気道に炎症が起こる場合、血液を通してウイルスが全身に回る場合などがあります。ほとんどの場合、経過が良ければ約一週間で治りますが、細菌に二次感染して症状が悪化したり、気管支炎、肺炎、脳症などの合併症を起こすこともあるので油断は禁物です。また、風邪がきっかけとなって、中耳炎や副鼻腔炎を引き起こすことも。「風邪は万病の元」と言われる由縁です。

くしゃみや鼻水、鼻づまり

  • 鼻の粘膜への感染によって起こる症状。
  • くしゃみや鼻水がたくさん出るのは、ウイルスを体外に排出しようとする防御反応です。

せき・たん・のどの痛み

  • のどの粘膜への感染によって起こる症状。
  • せきやたんが出るのは、ウイルスを体外に排出しようとする防御反応です。

声がれ・胸がゼェゼェする・呼吸困難

  • 鼻の粘膜への感染によって起こる症状。
  • ウイルスが上気道だけでなく、気管支から肺へ広がってしまうと、気管支炎などを併発してしまうこともあります。

頭痛、発熱、全身の倦怠、関節痛、嘔吐、下痢

  • 血液を通して全身に回ったウイルスを撃退しようとするため、白血球の活動が活発になり起こる症状。
  • 急な高熱や、特に激しい関節痛はインフルエンザの可能性があるので、速やかに医師の診断を受け、周囲への感染に気をつけましょう。

どこが違う?風邪とインフルエンザ

  風邪 インフルエンザ
主な症状
  • 熱〜微熱(37℃程度)
  • 鼻水/くしゃみ/咳
  • 喉の痛み

全身症状は弱く、重症化少ない

  • 平発熱(38〜39℃以上)
  • 頭痛
  • 関節痛/筋肉痛

流行性疾患で全身症状が強く、重症化する

発病 ゆるやか 急激に発症
病原体 ライノウイルス、コロナウイルスなど
200種類以上のウイルス
インフルエンザウイルス
A型(ソ連型/香港型)
B型、C型
潜伏期間 通常2-3日症状ですが、自覚症状が
あまり出ないまま治ってしまうことも
通常1-2日、遅い場合は4〜5日。
長くても最大7日
経過 通常5〜6日程度
おおむね短いが、長引くこともある
通常6〜7日位
症状が軽くなってから2日程度までは感染
する恐れがあるため、外出は控えた方が良い
合併症 少ないが、油断は禁物 気管支炎、肺炎など

記載した内容は典型的なケースを想定しており、実際のケースでは異なる場合があります。
身体の不調を感じたら、まずはかかりつけの医師の診断を受けることをおすすめします。