注目キーワード
この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

守りと攻めのUV対策でお肌はもっとキレイになる

梅雨の真っ只中といえど、晴れた日は日差しが眩しい季節になりました。肌の露出も多くなるこれからの時季、特に気をつけたいのが紫外線ケアです。
実は、シミやシワ、たるみといったお肌の悩みの原因の約8割が、長年蓄積された紫外線ダメージによるもの。そこで今月は、強力な紫外線に負けず、健康的な美肌をキープするポイントをご紹介します。紫外線のダメージを防ぐ「守り」と、より積極的な「攻め」のダブルのお手入れで、輝くような素肌美を手に入れましょう。

紫外線のピークは7月です

身体やお肌に害をもたらす紫外線の正体とは

紫外線=悪いものと思いがちですが、本来は骨をつくるのに重要なビタミンDを生成する大切なもの。
しかし、一方で健康トラブルの元となっているのも事実です。そもそも紫外線とはなんでしょう?簡単にいうと太陽光線の一種で、地球を保護しているオゾン層を突破して、地表まで届く光のことを指します。

紫外線の違い

紫外線は波長の違いで分類されていますが、特に肌へのダメージが懸念されるのが波長の短いUV-B(紫外線B)。エネルギーが強力で肌細胞の表面を傷つけることから、日焼け、シミ、皮膚の老化、皮膚がんなどの原因とされています。

次に波長の長いUV-A(紫外線A)は、肌に急激な変化こそ与えませんが、じわじわと肌の奥深くまで到達。ハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンなどを破壊して肌を老化させ、シワやたるみを引き起こしてしまいます。

UV-Aシワたるみの原因・UV-B日焼炎症の原因
  • UV-A:真皮のコラーゲンやエラスチンにもダメージを与えてしまいます。
  • UV-B:角層から表皮に達してメラノサイト(色素細胞)を刺激し、メラニンをつくり出します。

小ジワが紫外線の影響で大ジワに

シミやシワ、たるみなどの肌老化の約8割が紫外線が原因といわれています。例えば、おしりと手の甲を比べると一目瞭然で、手の甲はシワやたるみが目立ちますよね。これは紫外線を浴び続けたことで起きた、“光老化”という現象によるものです。人の身体には紫外線に対抗する「メラニン色素」が備わっていて、紫外線を浴びると肌を守る役割を果たしています。増えたメラニン色素は肌の生まれ変わりによって角質と一緒に剥がれ落ち、元の肌の色に戻ります。

シミができやすい部分

でも、紫外線を浴び続けるとメラニン色素がだんだん蓄積され、肌に黒いまま残ることに…。これがシミになってしまうのです。
さらに、紫外線を浴びると活性酸素が発生します。するとコラーゲンを分解したり、コラーゲンをピンと張らせる繊維が切れてしまい、シワができやすくなってしまいます。乾燥による小ジワなら潤いでカバーできますが、紫外線により真皮にまで変化を受けたシワは、時間を重ねれば重ねるほど「線」や「溝」としてはっきり刻まれた状態に。皮膚のハリの低下は、加齢や乾燥だけでなく紫外線が大きく関係していることを認識しておきましょう。

美容通信四季ごよみソラレンを含む食べ物にご注意

ソラレンとは、紫外線への感受性を高める(光によって活性化する)性質を持った光毒性物質のこと。
つまり、光に当たると紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与える原因になってしまうものです。ソラレンは紫外線を吸収する性質を持っているので、食物から摂取すると肌の内側から紫外線を吸収してしまうのです。驚きですね!
実はソラレンが多く含まれている食べ物は、レモンやライム、きゅうり、パセリ、セロリ、春菊、三つ葉、シソ、イチヂク、柑橘系の果物など。どれもビタミンCを多く含み、美肌づくりには効果が期待できるものなので、ちょっと意外ですね。

紫外線を吸収する食べ物お肌に良いとされている食べ物でも、摂取する量やタイミングによっては、美白にとって逆効果となる場合も。ソラレンは食後2時間ほどでその作用がピークになるといわれています。お出かけ前などこれから日光を浴びるという時間帯にはなるべく摂取しないようにしましょう。

夏に効くレシピ 小松菜とフルーツのジュース

小松菜

【小松菜】
小松菜はβ-カロテン(ビタミンA)、ビタミンK、B群、C、カルシウム、カリウムが豊富な野菜。
β-カロテンは、体内で代謝されて必要な分だけビタミンAになり、残りのβ-カロテンは活性酸素を抑えてくれる働きをします。また、ビタミンAには皮膚の免疫機能やバリア機能を維持する働きもあるので、美肌にはうれしい野菜ですね。

ただし、小松菜に含まれるビタミンの中で、ビタミンCは水溶性で熱にも弱いため、小松菜の栄養素を余すところなく摂るには、生で食べるのが一番いいのですが、葉も茎も少し固めなので、小松菜ドリンクにするのがおすすめ。さらにビタミンCたっぷりのキウイと、むくみ予防にも役立つバナナを加えた栄養たっぷりで美容にも良いジュースです。ぜひお試しくださいね。

熟成アカシア蜂蜜を使った小松菜とフルーツのジュース

ハニーラボトライアルセット
  • オンライン肌質チェック
  • 美容情報特集一覧
  • 効果的なベースメイクの仕方
  • 雑誌に掲載されました!
お便り広場
Facebookもチェック
beeワールド
ショッピングガイド
  • モバイルでのご注文
  • 携帯電話でwww.3838.comにアクセス

  • もっと詳しく

  • 送料について
  • ※送料が必要な場合、全国一律600円。

  • もっと詳しく

ご利用ガイド

上へ