美容通信 Vol.32 2017 AUTUMN 毎日のお手入れを見直して“めざせ!潤い続ける肌”

朝晩の空気の冷たさに、秋の深まりを感じる今日この頃。肌にとって厳しい乾燥シーズンがやってきました。湿度の低下や室内の暖房が原因で肌が乾燥してしまうことはよく知られていますが、普段のお手入れが、乾燥の原因になっていることも!?毎日、何気なく行っている習慣を見直して、“潤い続ける肌”をめざしましょう!

普段こんなお手入れをしていませんか?

ひとつでもチェックがあったら、その習慣は乾燥の原因になっているかもしれません。

普段のお手入れを見直して 潤い続ける肌をめざしましょう! 誤ったお手入れを毎日続けると、乾燥肌の原因に!?そこで、「潤い続ける肌」のためのお手入れのヒントをご紹介します。

Point1 「メイク落としや洗顔は、指先を上手に使って。」角質層の厚さはわずか0.2mm。軽い摩擦も負担になります。

誤ったお手入れの中で、特に乾燥の原因になるのが、肌のこすりすぎです。クレンジング剤は、肌にやさしいクリームタイプがおすすめです。

RJクレンジングクリーム(メイク落とし・洗い流し専用)<110g>

商品詳細はこちら

洗顔後、タオルでゴシゴシ拭くのはダメ!?

Point2 「洗顔後の潤い補給は、できるだけ早く、しっかりと!」洗顔後の保湿ケアは時間との勝負!浸透を高めるひと手間をプラスしましょう。

肌が最も無防備になるのは、洗顔直後。だから、洗顔後はすぐに保湿ケアを!化粧水はコットンにたっぷり含ませて、下から上に向かって、やさしくパッティングしましょう。

RJエモリエント シートオイル(化粧用オイル)<25mL>

商品詳細はこちら

医薬部外品 薬用RJエッセンス(薬用日は首溶液)<30mL>

商品詳細はこちら

ローヤルゼリーの力を、美肌づくりの力に。

RJスペシャルリフト(ジェルクリーム)<60g>

商品詳細はこちら

Point3 「潤いが足りないと感じたら、内側からも積極的にケア。」

内側からの潤い補給には、美容食品を上手に利用しましょう。

しっとりヒアルロン酸<120粒> <約1ヵ月分>

商品詳細はこちら

緑茶を飲みながら、美肌をめざす!?

肌荒れや小ジワなど、乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となります。大切なのは、毎日のお手入れで肌自身の“潤い続ける力”をしっかりと育むことです。“潤い続ける肌”をしっかりとキープして、乾燥の季節を乗り切りましょう。

次号の「美容通信」は、“タイプ別 シワのお手入れ術”についてお届けします。ぜひ、ご覧ください!

前のページに戻る

バックナンバー

前のページに戻る