美容通信 Vol.36 2018 WINTER 美肌で春を迎えるための“簡単スキンケア・レッスン”

寒さの厳しかった冬も、そろそろ終わりをむかえ、いよいよ待ち遠しかった春が近づいてきます。でも、厳しい冬を過ごしてきた肌には、乾燥や低温によるさまざまなダメージが蓄積しています。この時季に多いのが、肌の乾燥、ハリ不足、唇の荒れなどの肌悩みです。そこで、今日からすぐにはじめられる

簡単スキンケア・レッスンをお届けします。 POINT1 潤いを守るスキンケアのコツ POINT2 毎日のお手入れで、肌にハリ・弾力 POINT3 唇のためのポイントケア

POINT1 「潤いを守るスキンケアのコツ」 寒く乾燥した季節は、肌の調子も下がりがち。普段以上に丁寧なケアが必要です。メイク落としや洗顔料は、肌への負担ができるだけ少ないものを選びましょう。特にクレンジングは、オイルタイプのものよりも、より肌にやさしいクリームタイプのものがおすすめです。そして、大切なのが洗顔後の保湿ケア。いつものお手入れが物足りなく感じたら、導入液効果のある美容オイルを洗顔後に使うと、化粧水の浸透がぐっとアップします。

しっとりやさしい使い心地 乾燥による小ジワを目立たなくします 抗シワ試験評価済 ローヤルゼリーエキス、7つの植物成分配合で、肌を潤いで守りながらメイク汚れをやさしく落とします。洗い上がりは、しっとりふっくら。 RJクレンジングクリーム (メイク落とし・洗い流し専用)<110g> 洗顔後の数滴でお手入れ効果がアップ! 洗顔後に肌になじませることで、その後の化粧水の浸透を促す美容オイル。乾燥による小ジワも目立たなくします。 ローヤルエクセレントオイル (エイジングケア美容オイル)<25mL>

商品詳細はこちら 商品詳細はこちら

Point2 「毎日のお手入れで、肌にハリ・弾力」 たるみもシワも、実は、発生の根本原因は同じです。肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやエラスチンは、加齢とともに減少したり変性したりして、肌のハリを支えきれなくなります。その結果、たるみやシワができるのです。そんなたるみやシワは、毎日のお手入れを重ねて、根気よくケアしていくことが大切!エイジングケアアイテムを毎日のお手入れに積極的に取り入れることで、シワやたるみの悩みに、しっかりと応えてくれます。

年齢によるたるみをしっかりケア 乾燥による小ジワを目立たなくします 抗シワ試験評価済 年齢によるたるみやシワの気になる肌をケアし、ハリ・弾力のある若々しい肌に導く、エイジングケア美白※美容液。 医薬部外品 薬用 RJエッセンス EX エクセレント(薬用美白※・エイジングケア美容液)<30mL> ※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果。 ピンとしたハリ感を引き出す 塗って眠るだけで、たるみをピンッと引き上げるジェルクリーム。年齢とともに気になる目元やフェイスラインをしっかりケアします。 RJスペシャルリフト(ジェルクリーム) <60g>

商品詳細はこちら 商品詳細はこちら

POINT3 「唇のためのポイントケア」 唇は角層が薄く、皮脂腺もないので、水分がすぐに蒸発してしまうデリケートな部分。そのため、湿度の低い冬は、乾燥が進んでバリア機能が低下し、すぐに皮がむけたり、ひび割れを起こしたりします。そうなってしまったら、たっぷりの保湿成分でしっかり保護してあげましょう。唇は肌の生まれ変わりのスピードが早いので、一週間ほどで状態が変化します。

デリケートな唇を、たっぷりの潤いでケア 保湿成分「完熟ハチミツ」を80%配合。包み込むような高い潤い力で、ふっくらなめらかな唇に。 ハニーラボくちびるふっくら蜜パック (唇用美容パック)<12mL> 蜜パックを使ったスペシャル・マッサージ 1「ハニーラボ くちびるふっくら蜜パック」を唇全体に、たっぷり伸ばします。 2 唇の輪郭に沿って、1周、順番に3秒ずつ3回指圧します。 3 唇全体をおおうようにラップを貼り、5分ほどおいて下さい。※鼻にかからないように注意して貼ってください。※息苦しい場合は、ラップを唇の上下に分けて貼ってください。 4 ラップをはがし、軽くふきとってください。

商品詳細はこちら

春の訪れを目前に控えたこの時季は、肌に、乾燥や低温によるさまざまなダメージが蓄積しています。だから、いつものお手入れにひと工夫。美しい肌で春を迎えられるよう、厳しい冬を過ごした肌をやさしくいたわってあげましょう。

前のページに戻る

バックナンバー

前のページに戻る

-->