山田養蜂場:本格的な暑さがくる前に・・・夏バテを予防する身体づくり

暑くなると「身体がだるい」「食欲がない」と感じることが増えますよね。「ちょっと疲れただけ」「体重が減ってダイエットになる」なんて思っていませんか?夏バテを軽く考えていると、熱中症や夏風邪などを引き起こしたり、似た症状の病気に気づかないまま、悪化させてしまうかもしれません。本格的な暑さが来る前に、暑さに負けない身体をつくりましょう!

そもそも夏バテはなぜ起こるの?

エアコンの効いた室内と猛暑の室外を行ったり来たりすることで、体温を調節する自律神経のバランスが崩れることが主な原因とされています。その他にも、冷たいものの摂りすぎによる胃腸トラブルや、熱帯夜による睡眠不足など、さまざまな要因が夏バテを引き起こします。

自覚がないまま夏バテになっている人も多いと言われています こんな人がなりやすい!夏バテ度チェック

  • 暑くなってから、食がすすまない
  • 食事は麺類や果物などあっさりしたものですませる
  • 冷たいジュースやビールをたくさん飲む
  • 冷房が効いたところにいることが多い
  • 入浴はシャワーだけですませる
  • 暑さで寝付けず寝不足である
  • 運動はほとんどしない

いくつ当てはまりましたか?2つ以上当てはまったあなたは要注意!!夏バテ予備軍です!!

予防・対策って、水分と塩分を摂ればいいんでしょう?

夏場はよく汗をかくので、よく耳にすることですね。でも、夏バテ予防にはそれだけでは不十分なのです。

少し意識するだけで効果がでるお手軽な予防法をご紹介します。生活習慣にひと工夫

  • 冷房を控えめに 寒暖差は5℃以内が望ましいとされています。冷房の設定温度を上げたり、夕方には窓を開けて扇風機を回すなどして、自律神経の乱れを防ぎましょう。
  • 湯船につかる 暑い夏場はシャワーで済ませがちですが、40℃以下のお湯にゆっくり浸かって汗をかくと代謝アップ&自律神経の調整に効果的です。
  • ハニーアロマで、快適なバスタイムを ハニーアロマ 入浴剤セット 詳しくチェックする
  • なるべく早めの就寝を 疲れを溜めないことが一番の予防です。暑くて寝苦しい時は氷枕を使うのがおすすめです。
特に22時〜2時はホルモン分泌が活発になり疲労が回復されますので、この時間帯にしっかり睡眠をとりましょう。夜間に十分睡眠時間が確保できない場合、15〜20分昼寝で補うと効果的です。

食事で暑さに負けない身体をつくる

  • 食欲アップ
  • 疲労回復・体力アップ
  • 胃腸保護・冷え防止

どうしても食欲がでない時は…栄養ドリンクを利用するのもおすすめです ローヤルパワー1500 詳しくチェックする

蜂蜜は理想的な糖質補給源

蜂蜜とは、「植物の花蜜、植物の生組織上からの分泌物、または植物の生組織上で植物の汁液を吸う昆虫が排出する物質(甘露)からApis melifera種(セイヨウミツバチ)がつくりだす天然の甘味物質であって、ミツバチが集め、ミツバチが持つ特殊な物質による化合で変化させ、貯蔵し、脱水し、巣の中で熟成のためにおいておかれたもの」と説明できます※1。

花蜜や甘露の主成分はショ糖ですが、ミツバチが分泌する酵素であるα-グルコシダーゼによって、ショ糖は蜂蜜中では果糖とブドウ糖に分解されています。ショ糖に比べて、ブドウ糖は腸からの吸収が早いため、速やかなエネルギー補給に適しています。一方、果糖は吸収が遅いため、ブドウ糖を追いかけるように後から吸収されることになります※2。つまり、即効効果のあるブドウ糖と、延長効果のある果糖が混合されているため、蜂蜜は糖質補給の点で理想的な食品であると考えられているのです※2。

参考文献:※1 鈴木峰夫,ミツバチ科学, 22(4), 159-164(2001):※2 中村純,ミツバチ科学, 22 (4), 145-158 (2001)

予防にオススメ食材をたっぷり使った夏バテ対策レシピをご紹介

サバとなすとオクラのカレー カレー粉だけでもおいしくできますが、次のハーブとスパイスを加えるとさらに風味がよくなります!

サバの小骨を抜いてひと口大に切り、はちみつを薄くつけて小麦粉をまぶす。フライパンに植物油を1cmくらい入れて熱し、サバをカリッと揚げておく。

鍋で植物油を熱し、あればクミンシード、シナモンスティックを先に入れ、次にたまねぎ、塩を入れてよく炒め、玉ねぎが軽く色づいたら、なす、ピーマン、角切りにしたトマト、にんにく、しょうがを加えてさっと炒める。

カレー粉、ココナッツミルク、あればターメリックとローリエ、こしょう、サバの半量を入れて10分ほど煮込み、オクラ、カシューナッツ、手でつぶしたトマトを加えて5分ほど煮る。味をみて、必要なら塩を加えて味をととのえ、あればガラムマサラをふり、残った半量のサバをのせる。

すいかとトマトのジュース

生活習慣や食事に、ちょっとの工夫を加えるだけで夏バテは予防することができます。夏バテ以外にも言えることですが、なってしまう前に行動するほうがよっぽど簡単です。今回ご紹介した予防法は、自律神経を整えるのに有効な方法なので、夏バテだけでなく、自律神経が関わるその他の病気の予防にもなります。是非チャレンジしてみてくださいね。今年の夏は、暑さに負けず元気に過ごしましょう!