夏なのに冷え症!? その症状、もしかしたら冷房症かもしれません!!

暑い日が続き、毎日のように熱中症に関するニュースが報道される季節になりました。
近年では、室内での熱中症の危険も増えており、その対策のひとつとして、
“エアコン”を使った温度管理が推奨されています。
でも、便利で快適なエアコンも一歩使い方を間違えれば「冷房病」の原因になります。
今回は、暑い夏に陥りやすい「冷房病」の原因と簡単にできる対策方法をご紹介いたします。

「冷房症」は自立神経の乱れが原因

「冷房病」は総称であり、主に、冷房による冷えが原因として起こる
『自律神経のバランスが乱れた状態』のことを指します。
私たちの身体は、自律神経が血行をコントロールし、体温を調節していますが、
「涼しい室内と暑い屋外を行き来する」「暑いので冷たいものばかり摂る」というような
温度差を感じる行動を繰り返していると、次第に自律神経が混乱していきます。

すると、血行が悪くなって疲労物質が排出されずに溜まっていき、全身にさまざまな症状を起こすのです。
特に女性は筋肉量が少なく血行が悪くなりやすい為、「冷え」からくる症状が起こりやすくなります。

「冷房症」の症状があらわれる

今日から簡単に出来る!! 「冷房症」を予防する5つの方法

方法1 エアコンの温度設定は27℃を目安に

  • 人間の身体が対応できる温度差は5℃以内と言われています。
    エアコンの温度は27℃を目安に設定し、部屋を冷やしすぎないようにしましょう。
    扇風機を併用すると室内の空気の巡りが良くなり、体感温度が下がりますのでおすすめです。
    また、暑さで不快に感じるかどうかは、湿度も深く関係しています。
    除湿機や、エアコンの除湿機能を使用すると、同じ温度でもずいぶんと過ごしやすくなります。

方法2 服装で調節する

  • オフィスや外出先など室温を調節出来ない場所では、
    カーディガンやひざ掛けなどを使って体温を調節しましょう。
    肌に直接冷気が当たらないように注意するだけでも効果があります。

    お腹を壊しやすい方や腰痛のある方は腹巻を、
    足先が冷えやすい方は靴下やレッグウォーマーを利用するのがおすすめです。

方法3 運動を取り入れる

運動不足だと血液がうまく循環せず、冷えに拍車がかかります。
毎日30分ウォーキングやジョギングなどをするのが望ましい運動量ですが、
時間が取れない方には日常生活に運動を組み合わせるのがおすすめ。
日常生活の中では、額に少し汗が浮くくらいの運動量を目安にしましょう。

【おすすめ運動法】
  • 歩くスピードを上げる、階段を使う
  • 立っている時は、かかとを繰り返し上げ下げする

運動がしづらい環境の場合、1時間に1回トイレに立つ、座ったまま足先だけ動かす等
少しでも身体を動かすように工夫しましょう。

「足を動かす」運動が血行促進に有効です。

方法4 お風呂でマッサージを

夏はシャワーで済ませてしまいがちですが、ゆっくりと入浴することによって血行が改善されます。
ぬるめのお湯にゆっくり入浴する方が、身体を温めるのには効果的だと言われています。
ふくらはぎをマッサージするとより高い効果が期待できます。

【マッサージ方法】
  • 血液を心臓方向へ戻すイメージでさすり、もみほぐす。
    痛いけど気持ちいいくらいの強さで、左右3分ずつ。
  • ひざ裏を親指で指圧すると、リンパの流れも良くなりむくみ解消にも効果的です。

方法5 身体を温める食材を食べる

暑さが続くと、そうめんやアイスクリームなど、冷たい食べ物を選んで
しまいがちです。
身体の芯から温められるよう、温かいメニューを選ぶように意識しましょう。

食材では、しょうが、にんにくが冷え改善に効果的として有名です。
しょうがに含まれているジンゲロールやショウガオールには、血行を促進し身体を温めてくれる働きがあります。
他にも、食欲増進や、老化を防ぐ効果など、様々な効果が期待されている女性の強い味方です。

  • しょうがはちみつ漬
  • しょうがのチカラで冷え知らず しょうがはちみつ漬

    • 詳細はこちら
    • たっぷりのしょうがスライスをはちみつに漬けこみました。夏はアイスで爽やかに、冬はホットでぽかぽかに。
  • 蜂蜜みそ旨にんにく
  • 手軽に料理の美味しさアップ 蜂蜜みそ旨にんにく

    • 詳細はこちら
    • 味の良さで知られる国産にんにく「福地ホワイト六片」を、有機百花蜂蜜や有機みそ、有機しょうゆなどでつくった甘辛ダレに漬け込み、ほっくりやわらかく仕上げました。

食欲が無いからと、軽食で済ませたり食事を抜いてしまうと、タンパク質やビタミンが不足して体力が回復せず、悪循環をもたらします。どうしても食欲が出ないときは、健康食品やサプリメントを活用しましょう。

「冷房症」にオススメのレシピ

【主菜】セロリと鶏肉の中華炒め

  • 材料(2人分)
    材料名 分量
    セロリ 4本
    鶏もも肉 2枚
    蜂蜜みそ旨にんにく
    ・にんにく
    4片
    ・タレ 1袋分
    小さじ4
    塩・こしょう 少々
    ごま油 少々
作り方
鶏もも肉はひと口大に切り、塩・こしょうで下味をつけておく。
セロリは斜めに切りにし、蜂蜜みそ旨にんにくのにんにくは、みじん切りにしておく。
フライパンを熱しごま油を入れ、にんにくのみじん切りを加える。香りが出てきたら鶏肉を焼く。
鶏肉の両面がこんがりきつね色になったらセロリを加える。
火が通ったら酒と蜂蜜みそ旨にんにくのタレを加え、味付けをする。
火を止めてごま油を少々かけ完成。
一口メモ

最後にごま油をかけるのがポイントです!
おすすめ商品: 蜂蜜みそ旨にんにく

【副菜】ブロッコリーとえびのタイ風炒め

  • 材料(2人分)
    材料名 分量
    車えび(またはブラックタイガー )(背わたを取る) 8尾
    ブロッコリー(ひと口大に切り、軽くゆでる) 1/3房
    パクチー(またはイタリアンパセリ)
    (茎と根は粗みじん切り、葉は適当な大きさに切る)
    3本
    しょうが(みじん切り) 1片
    にんにく(みじん切り) 1片
    赤とうがらし 2本
    黒こしょう 適量
    少々
    レモン汁 1/2個分
    はちみつ 小さじ1/2
    植物油(あればココナッツオイル) 大さじ2
作り方
フライパンに植物油を熱し、しょうが、にんにく、赤とうがらしを入れて中火でゆっくり炒める。
香りが立ったらパクチーの茎と根、えびを加えて強火で炒め、塩、たっぷりめの黒こしょうをふる。
ブロッコリーを加えて軽く炒め、レモン汁とはちみつを入れてさっと混ぜ合わせ、火からおろす。
器に盛り、パクチーの葉を散らす。
一口メモ

しょうが・にんにく・赤とうがらしは焦がさず炒めましょう。
おすすめ商品: ルーマニア産 アカシア蜂蜜

【デザート】いちごと白玉のしょうがはちみつ漬ソース

  • 材料(2人分)
    材料名 分量
    いちご(ヘタを取って縦4つ切り) 200g
    白玉粉 30g
    大さじ2
    しょうがはちみつ漬のはちみつ 大さじ2
    しょうがはちみつ漬のしょうが 10g(4枚程度)
作り方
白玉粉に分量の水を加えて混ぜ、足りなければ少量ずつ水を足して
耳たぶくらいのかたさになるまでよく練る。
しょうがはせん切りにして飾り用に少し取り分け、残りはみじん切りにしてはちみつと混ぜておく。
1を1円玉くらいの大きさに丸め、沸騰した湯に落として浮き上がってきたら
さらに30秒ほどゆでてからぬるま湯に取る。
ボウルにいちごと白玉を入れ、2の飾り用しょうが以外を加えてあえる。
器に盛り、残った汁を上からかけ、しょうがを飾る。
一口メモ

白玉は、中央部分を凹ませると火の通りが良くなります。
果物は旬のものを使いましょう。
おすすめ商品: しょうがはちみつ漬

「冷房病」からくる「冷え」予防には、自律神経への負担を取り除くことが一番です。エアコンと上手く付き合い、身体を内側から温めるのがポイントです。自分に合った「冷え」予防を見つけておくと、冬の冷え症対策もしやすくなります。今のうちに冷えにくい身体を作って、残りの夏も元気に過ごしましょう。