■大雪の影響による商品のお届け遅延について
日本海側を中心とした大雪の影響により、お荷物のお届けに遅れが生じております。
また、交通障害等が発生している一部地域宛てのお荷物の受付が一時中止されております。
お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
≪ヤマト運輸の配送状況について≫   ≪日本郵便の配送状況について≫

風邪をひく原因と予防法

風邪はウイルスの侵入を許すことから

風邪の原因は、ほぼウイルスによるものといえます。つまり、鼻やのどからウイルスが体内に入り、このときに疲労やストレスあるいは不摂生などにより免疫力が低下していると、体外にウイルスを追い出すことができず「風邪症候群」、つまり一般的な「風邪」の症状が起こりやすくなるのです。また、乾燥は鼻やのどの免疫力を弱めるだけでなく、ウイルスを増殖させてしまいます。
体調管理、環境コントロールはもちろん、外出時のマスク、こまめな手洗いやうがいなどで、風邪の原因となるウイルスをブロックしましょう。

風邪のおもな予防法法

1.まずは、マスク、手洗い、うがいが基本

  • 風邪をひいている人が、ウイルスのついた手で触れたものを、ほかの人が触り、その手で鼻や口に触れるといったルートで感染する場合が多いので、石けんを使った手洗いやマスクによる防御が効果的です。
  • うがいはウイルスを落とす効果はあまりありませんが、ホコリや細菌を洗い流してのどや口腔内の粘膜にウイルスが付着するのを防いでくれます。
  • 家族間の感染を防ぐために、タオルなどを別々にするのもおすすめです。

人ごみではマスクを着用し、帰宅したら石けんでしっかり手洗いを!

2.バランスのとれた食事をしっかりと

  • 栄養バランスのいい食事は、免疫力の低下を防ぎます。
  • 鼻やのどの粘膜を強化するといわれているビタミンAや、アミノ酸が豊富な動物性タンパク質も風邪予防には欠かせません。代謝を円滑にする働きがあるビタミン類の中でも、特にビタミンCは免疫の働きに欠かせません。
  • インスタント食品やファストフード、加工食品など偏った食事は避け、高タンパクで低脂肪のメニューを1日3食、規則正しく摂りましょう。
  • 毎日の食事に上手に取入れる工夫も大切ですが、忙しい方や一人暮らしの方にはサプリメントで補給することも。

免疫力アップに効果的なビタミンCと花やのどの粘膜を強化するビタミンAが重要です。

3.温度と湿度のコントロールも大切です

  • 空気が乾燥するとウイルスが活性化するのに対し、鼻やのどの粘膜は乾燥することによって防御機能が低下するので、ウイルスに感染しやすくなります。
  • 一般的に、湿度が50%を超えるとウイルスの生存率が下がるといわれているので、それよりも少し高い60〜80%をキープしましょう。
  • 冬はエアコンなどで乾燥しやすいので、加湿器などを利用して湿度を上げましょう。洗濯物や濡れたタオルを室内に干すことも効果が望めます。
  • 適度な換気もウイルス繁殖を防ぎます。

乾燥するとウイルスが活性化するので、エアコンを使用するときは加湿器の利用がおすすめ。

4.十分な睡眠と適度な運動も忘れずに

  • 睡眠不足は疲れやストレスを増やし、ウイルスへの抵抗力を落とすため風邪などの疾病を起こしやすくなります。次の日に疲れを残さないためにも、理想的な睡眠時間は1日6〜7時間と言われています。
  • ウォーキングや水泳、筋肉トレーニングやヨガなどを適度な運動を行い、風邪に負けない体力と免疫力のアップを目指しましょう。

十分な睡眠をとって、ウイルスへの抵抗力を付けましょう。

5.過度な厚着は体温調節機能を低下させる原因に

  • 厚着の習慣は体温調節の能力を低下させ、抵抗力を弱めます。無理の無い程度に薄着にして気温の変化に皮膚や粘膜が順応できるよう鍛えることも大切です。
  • 温度差の大きい屋外と室内の気温に合わせて、こまめに衣服の脱ぎ着をすることを心がけましょう。

無理のない薄着を心がけ、気温の変化に対する順応力を鍛えましょう。