山田養蜂場

秋は抜け毛が多くなる!?健康な髪や頭皮を保つ意外な対策

秋になってからなんだか髪に元気がなくなったと感じたり、
シャンプー後の排水溝や、朝起きた時の枕を見てドキッとしたなど、
髪に不安を感じることはありませんか?
実は、秋は1年でもっとも抜け毛が増えるシーズンで、夏の疲れやダメージが秋になって髪にあらわれると言われています。そのため、秋の抜け毛は一時的なものですが、頭皮や毛根、毛髪にトラブルを抱えたまま放っておくと、将来の薄毛に繋がってしまうかもしれません。必要以上の抜け毛を防いで、健康な髪を保つお手入れ方法と意外な対策方法をご紹介いたします。

抜け毛の仕組み

抜け毛とは、それ以上育たなくなった髪が皮膚から抜け落ちることを言います。力が加わって抜けた髪や、ちぎれた髪は一般的には抜け毛とは呼びません。
髪にはヘアサイクルという周期があり、成長期、退行期、休止期を経て抜け落ちるというサイクルを繰り返し、つねに古い髪から新しい髪へと生え替わっています。
抜け毛は誰にでも起こる自然な現象なので、心配する必要はありません。

髪の毛の周期

注意
明らかに抜け毛が多いと感じる場合は要注意です。
毛根のふくらみが少なかったり、毛根の先が細くなっている抜け毛が多い場合は、「異常脱毛」の可能性があります。
専門の医療機関を受診しましょう。

秋に抜け毛が増える理由

髪は通常1日に50〜100本抜けると言われていますが、秋には倍以上の200本以上に増えることがあると言われています。 その原因は、季節性のもの、夏のダメージ、疲れやストレスなど、さまざまです。

理由

原因を見ると秋の抜け毛は一時的なものだと分かりますが、頭皮や毛根、髪のコンディションが悪くなっていることに変わりはありません。
放っておくと、次に生えてくる髪が元気に育たず、将来の薄毛に繋がってしまうかもしれません。しっかりとケアをすることが大切です。

健康な髪を保つには?

1 髪の手入れはシャンプーが基本

皮脂汚れや紫外線によるダメージが原因となっている秋の抜け毛には、頭皮の環境を改善することが重要です。
シャンプーを適切に行うと、汚れを落とすだけでなく血行促進にも繋がりますので、健康な頭皮を取り戻すことができます。

シャンプーのしかた

ドライヤーのあてかた

頭皮のケアには専用のケア用品を使うこともオススメ
  • 毛乳頭細胞増殖率
  • ローヤルゼリーには頭皮や育毛への働きも期待できることが明らかになりました。
    臭いや汚れの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑え、油分と水分をバランス良く保つことができます。
    また、育毛を促す毛乳頭細胞を増やす働きも期待できることがわかっています。

詳しくはこちら

薬用 RJ地肌(頭皮)ケア エッセンス 医薬部外品

2 適度な運動!

頭皮の状態を良くしても、血行が悪いと髪に栄養が行き渡らず、効果が得られないままとなってしまいます。適度な運動をすることで血行を良くし、頭皮や髪に栄養を送り込むことができます。
毎日続けることが大切なので、ストレスにならずに続けやすい運動を身体がポカポカする程度で行うのが良いでしょう。

おすすめの運動

3 髪の栄養補給は食事から!!

健康な髪を育てるには、意外かもしれませんが、アミノ酸やミネラルを補給することが重要なのです。
髪の約95%はタンパク質で出来ていて、ビタミンやミネラルが成長をサポートしています。 新しく健康な髪を作るにはタンパク質の元であるアミノ酸が重要であり、髪を育てるにはミネラルの中でも亜鉛が重要な栄養素となります。
タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類あり、その内の9種類の「必須アミノ酸」は体内で合成することができないため、食事から摂らなければなりません。「食欲の秋」で旬のものばかり食べてしまいがちな秋ですが、栄養素が偏らないようバランス良い食事を心がけましょう。

  • 亜鉛
  • アミノ酸
ローヤルゼリーは栄養の宝庫

ローヤルゼリーは女王蜂だけが生涯に渡って食べる特別な食べ物で、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなど40種類以上の栄養素がバランス良く含まれています。
中でも、ローヤルゼリー特有成分のデセン酸は、皮脂の分泌をコントロールする作用や、女性ホルモンに似た作用を持っていることが明らかになっています。

アミノ酸やミネラルをバランス良く摂ることを心がけていても、「毎日は難しい」「カロリーオーバーが気になる」ということも。そんな時は、無理しすぎずサプリメントを上手に活用するのもポイントです。

オススメのレシピをご紹介します!!

栄養バランス抜群 手羽先のはちみつ漬フライ

材料(2人分)

  • 手羽先 …4本
    ブロッコリースプラウト …30g
    塩・こしょう …少々
  • ゆで卵 …1/2個
    粉がらし …少々
    植物油 …適量
  • ブロッコリー …1株
    はちみつ …適量
【ソース】※すべての材料をミキサーにかける
  • ブロッコリー(茎やちいさいかけらを生のまま) …100g
    ゆで卵 …1/2個
    粉がらし …小さじ1
    …小さじ1/2
    だし汁 …50ml
  • ブロッコリースプラウト …20g
    はちみつ酢 …大さじ3

作り方

ブロッコリーにはビタミンとミネラルが豊富に含まれています。特にビタミンCの含有量が多く、ミネラルの吸収をサポートしてくれます。

栄養バランス抜群 手羽先のはちみつ漬フライ

材料(2人分)

  • 蒸しベビーほたて貝 …10個(80g)
    パセリ(みじん切り) …適宜
    塩・こしょう …少々
    サラダ油 …小さじ2
  • 玉ねぎ …1/2個(100g)
    牛乳 …1カップ
    A.コンソメ …小さじ1
  • レタス …1/4個(70g)
    小麦粉 …小さじ2
    A.水 …150cc

作り方

ほたて貝はアミノ酸と亜鉛が両方摂れるだけでなく、タンパク質の生成に関わっている葉酸も含まれていて、髪にとって非常に優秀な食材です。

いかがでしたか? 髪の手入れはシャンプーを適切に、髪の栄養補給には食生活の改善がポイントです。秋の抜け毛は一時的なもので心配はないと言われていますが、放っておくと将来の薄毛に繋がってしまうかもしれません。必要以上の抜け毛を防ぐには、抜け毛のしくみを把握して、生活を見直すことが大切です。きちんとケアをして、健康な髪と頭皮を保ちましょう。