注目キーワード
この度の台風19号、台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】お荷物のお届けに関するお知らせ
台風19号の影響のため、一部地域でお届けに遅延が発生しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解いただきますようお願い申しあげます。
【ヤマト運輸】 詳しくはこちら>>
【日本郵便】 詳しくはこちら>>
山田養蜂場 美容通信

夏老けストップ! 美肌で夏を過ごすための 「汗」との上手な付き合い方

夏老けストップ! 美肌で夏を過ごすための 「汗」との上手な付き合い方

夏になると、毛穴が開いたり、化粧が崩れたり、 なんだか肌がヒリヒリしたり……そんな経験、ありませんか?
あまり知られていませんが、それらのトラブルには、「汗」が関係しています。

肌と汗の関係を知ることで、夏の肌トラブルを未然に防ぐだけでなく、夏が終わると肌が老け込む「夏老け」にブレーキをかけることができます。

美肌で秋を迎えるためにも、上手に「汗」と付き合いましょう。

  • 夏肌トラブル1 肌がたるむ
  • 夏肌トラブル2 バリア機能の低下
「汗」で肌のミネラルが流出…ハリが失われ、たるんだ状態に。

現代人は、一年を通して空調の効いた部屋にいることが多く、夏でも汗をかく機会が少ないため、汗腺の機能が低下しがちです。そのため、水に近い「サラサラ汗」ではなく、ミネラル分を含んだ「ベタベタ汗」をかく人が多くなっています。また汗腺は年齢と共に衰えていくため、大人ほど「ベタベタ汗」をかきやすいとも言えます。

「ベタベタ汗」はミネラル分も排出してしまうため、肌はナトリウムイオン不足となり、コラーゲン構造がゆるんでハリが失われ、たるんだ状態に。結果、毛穴も開いてしまいます。

「サラサラ汗」をかく肌

エラスチンがコラーゲンを束ね、肌がパンッと張っている状態。

「ベタベタ汗」をかく肌

ミネラルが流出した肌はコラーゲン構造がゆるみ、たるんだ状態に。

ベタベタ汗をサラサラ汗に戻し、肌をたるませない!

「サラサラ汗」になるためには、怠けて働かなくなった汗腺に働きかけ、鍛えることが大切です。汗をかかない時季にも行なうように心掛けましょう。

サラサラ汗になるために汗腺を鍛える方

●手や足には汗腺が多く存在します。手足を温めることで、血液が循環しやすくなり、汗腺が目覚めます。

●さらに、「RJエモリエントシードオイル」を2〜3滴たらすとローズの香りで心もリラックス。

●ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を行うと、全身の筋肉が動き、血液が
循環、発汗しやすい
状態に。

●夏は気温に注意
し、暑くない時間
に行いましょう。

●毎日の生活の中で、腹式呼吸を意識して行なうようにしましょう。体内に酸素をより多く取り込むことで、発汗作用がアップします。

<腹式呼吸の方法>
息を吐ききり、胸ではなくお腹を膨らませることを意識しながら、鼻から大きく息を吸い込みましょう。

ローヤルゼリーエキスで、ピンッとしたハリ肌に!
エラスチン20%アップ

ローヤルゼリーエキスには、コラーゲンを束ねハリを保つために必要な「エラスチン」を増やす働きがあります。
汗で肌がたるんでしまう夏にこそ、積極的に摂りましょう。

詳細はこちら
さらに実感 おすすめアイテム
詳細はこちら
詳細はこちら
  • 夏肌トラブル1 肌がたるむ
  • 夏肌トラブル2 バリア機能の低下
「汗」で肌の保湿成分が蒸発…バリア機能が低下。
「汗」で肌の保湿成分が蒸発…バリア機能が低下

汗をかいたままにしておくと、気付かない間に肌表面はふやけてしまい、セラミドなどの水溶性の保湿成分が奪われ、バリア機能が低下しやすい状態に。

バリア機能が落ちてしまうと、敏感に傾きやすくなり、肌がヒリヒリしたりします。また、皮脂バランスが乱れ、メイクも崩れがちに。

さらに、紫外線などの外部刺激にさらされるため、ダメージを受けやすい状態になります。

バリア機能が正常な肌

バリア機能が正常だと、外部刺激を寄せ付けない。

バリア機能が低下した肌

バリア機能が落ちると、ダメージを受けやすい状態に!

与えたうるおいを守り抜くために、夏でも乳液やクリームを!
与えたうるおいを守り抜くために、夏でも乳液やクリームを!

汗をかきやすい夏は、うるおっていると勘違いしやすいため、お手入れのステップから乳液やクリームなどを省いてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、夏は汗で水分が蒸発しやすい状態です。
またエアコンの使用により、室内は真冬並みに乾いている場合も

夏に使いやすいさっぱりとしたテクスチャーのものを選ぶなど工夫をしながら、乳液やクリームをお手入れに取り入れ、うるおいをしっかり守りましょう

さらに実感 おすすめアイテム
詳細はこちら
詳細はこちら
  • 夏肌トラブル1 肌がたるむ
  • 夏肌トラブル2 バリア機能の低下

夏の過ごし方次第で、秋の肌コンディションは、大きく変わります。
「汗」と付き合い方をマスターすれば、夏を美肌で過ごせるだけでなく、秋もトラブルを加速させることなく迎えることができます。
上記で紹介した3つのポイントを生活に取り入れて、楽しい夏をお過ごしください。

ハニーラボトライアルセット
  • オンライン肌質チェック
  • 美容情報特集一覧
  • 効果的なベースメイクの仕方
  • 雑誌に掲載されました!
お便り広場
Facebookもチェック
beeワールド
ショッピングガイド
  • モバイルでのご注文
  • 携帯電話でwww.3838.comにアクセス

  • もっと詳しく

  • 送料について
  • ※送料が必要な場合、全国一律600円。

  • もっと詳しく

ご利用ガイド

上へ