まもなくやってくる秋老け肌まわりに差をつける

スキンケアの効かせワザ

鞦には肌の老化に繋がる原因がたくさん潜んでいます

この時季の肌のカサカサ・ゴワゴワ、その原因は。

夏の紫外線による肌ダメージ、季節の変わり目で肌が敏感に、新陳代謝が下がり肌のバランスが乱れがち、空気の乾燥によって肌も乾燥気味など

しっかりと水分を与えて潤いを閉じ込める大事

コツは洗いすぎないこと!

洗いすぎは乾燥を招き、肌の老化を進めてしまいます

化粧水の浸透タイムは短時間でOK

化粧水は大部分が水なので、つけた後はどんどん蒸発していきます

クリームは肌に置くように!

肌をこすりすぎないように、優しく塗り広げましょう

乾燥肌の救世主はセラミド

空気が乾燥しても水分を逃しにくい

バリア機能が弱まり肌が敏感に

肌から水分が失われると肌表面の表皮にはヒダが出来てしまい、それが小シワの原因に

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

薬用RJエッセンス

RJクレンジングマルチシ?ェル

  • *1 エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのこと。
  • *2 保湿成分
  • *3 美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果

お肌の潤いをサポートする意外な食べ物

セラミドは、化粧品など肌からだけでなく、体内に摂取することで保湿効果がアップするといわれています。その中でも、セラミドがたくさん含まれていると話題なのが「こんにゃく」
こんにゃくには、100g中約80mg*と食用植物の中でもっとも多くセラミドが含まれています。乾燥が気になる季節は、これらの食材を毎日の食卓に一品加えてみてはいかがでしょうか。

(*=公益財団法人 日本特産農作物種苗協会資料)

筑前煮

こんにゃくに続いてセラミドが豊富とされているのが、小豆、黒豆、ひじき、わかめ、ごぼう、そばなどの「黒色」をした食材。

ぜんざい

バランスの良い食事も、体内のセラミドの生成を助けるといわれていますので、美肌のためには食生活にも気を配りたいですね。

こちらもおすすめ!

乾燥の季節こそ実践したいシートマスクの効かせワザ

シートマスクの上からキッチンラップを貼ると、マスクが密封されて美容成分が肌に吸収されやすくなります。

※鼻または口元には切り込みを入れて呼吸が確保できるようにしてください。

それはズバリ入浴直後!湿気によって角質層の水分量が増え、角質層がふやけたような状態になっているため、美容成分が肌に吸収されやすい状態になっています。

シートマスクは特別な日だけでなく、定期的に使うことで肌の改善が期待できます。週に1回はケアに取り入れるようにしましょう。

「美容液1本分の成分がこの一枚に」などといったフレーズを聞くと、少しでも長く肌に乗せたくなりますが、実はNG。目安時間よりも長く使いすぎると、乾き始めたマスクが肌の水分を奪ってしまい、保湿どころか乾燥の原因になってしまいます。
マスクは、商品パッケージに記載されている使用時間を守りましょう。
使い終わったマスクには、美容液成分が残っているので、首などのケアに使うのもおすすめです。

RJセラムケアマスク

前のページへ

バックナンバー

前のページへ